長年ブラッシングをしてきてますが、合格点のブラッシングができている人は少ないのではないでしょうか?
歯周病対策だけでなく、虫歯予防や歯の黄ばみ口臭予防としても正しいブラッシングは大切です。

基本の磨き方

歯周病予防の基本となるのが、ブラッシングです。
意外と正しいブラッシングができている人は少ないのではないでしょうか。

まずブラッシングは毎食後行うことが理想で、一回5分以上かけじっくりと磨きましょう。

歯ブラシは鉛筆を持つように軽く握ります。

ブラッシングの方法は、歯ブラシの毛先を歯に垂直に当て、軽く動かします。

次に歯の表面を縦方向に磨きます。
前歯の裏側は、歯ブラシの柄に近い部分を使って磨きます。
奥歯の側面は、歯ブラシの先端を直角に当てて磨きます。
前歯の側面は歯ブラシのわきを使って縦方向に磨きます。

そして、最後に歯間ブラシやデンタルフロスを使って仕上げていきましょう。



歯間ブラシとデンタルフロス


歯と歯の間や歯ブラシの届きにくい部分は、歯周病菌がたまりやすい部分でもあります。

ここをしっかりとケアするためにも歯間ブラシデンタルフロスは必須アイテムです。

どちらもゆっくりと歯と歯の間に挿入し、歯肉を傷つけないよう、やさしく動かすようにしてください。

歯磨き後に歯間ブラシを行い、最後に液体歯磨きで歯と歯の間に液体が流れ込むように液体歯磨きで口をゆすぐと、薬剤の効果が歯と歯に入り込みやすくなりより効果が上がるでしょう。

昔は辛すぎで液体歯磨きが苦手だった人も多かったと思いますが、最近は子供でも使えるくらい刺激が少ない液体歯磨きが増えたのでおすすめです。

歯周病予防に簡単なアミノ酸うがい

歯周病を予防するためには、歯茎に歯周病菌が入り込む隙間を与えないことです。
そこでおすすめの成分がアミノ酸です。

アミノ酸には、収れん作用があるため、歯茎の引き締め効果に優れています。
歯茎がしっかりすることで、歯もぐらつきもなくなってきます。

アミノ酸が豊富に含まれるものと言えば、黒酢です。
黒酢でうがいを行うと、歯周病予防に効果的です。

またアミノ酸には細胞の新陳代謝を助けるため、歯茎の傷の修復にも有効です。
歯周病によって炎症を起こした歯茎の改善効果も期待できます。

さらに黒酢のもっている殺菌作用で雑菌の繁殖を抑え、口臭予防にも役立ちます。

コップ1杯のお水に黒酢30mlを加えたもので、歯磨きの後にうがいを行いましょう。

寝ている間は一日でもっとも雑菌が繁殖しやすいですので、就寝前に行うことをおすすめします。

歯周病対策の歯磨き体験談

食べ物や飲み物でつく色素が普通の歯磨きでは全部は落ちないので、歯の黄ばみが特に気になって いたので自宅で手軽に簡単にケアできたらいいなぁ。。。と思い、 ホワイトニングリフトケアジェルを使ってみようと思いました。

ホワイトニングリフトケアジェルの使用感は使う前のイメージは難しいのかなぁ。。。何か特別なテクニックがいるのかな?など思っていましたが、 使ってみると歯にも優しく 爽やかな使い心地で 普段の歯磨きと変わらずにできるので、不器用な私で飽きることなく上手に手軽に続ける事ができます。
毎日の歯磨きと合わせて使うと確実にツヤツヤ自然な白い歯になります。歯医者さんでやってもらう ホワイトニングにも引けを取らないくらいに 大満足です。

今では歯医者で予約をしていた時間を他の時間へ使えますし、この仕上がりは びっくりしています。
ホワイトニングリフトケアジェルを家族や友人にもオススメしています。

日々歯周病対策をしています。

歯磨きの時と普段の生活で心がけていることがあります。
まず、歯磨きについてですが、私の場合、毎食後の歯磨きはできません。
朝晩の2回です。特に夜の歯磨きの時に丁寧なブラッシングを心がけています。
歯と歯茎を小刻みに磨きます。
鏡を見ながら磨き残しがないようにしています。その後、フロスを使用します。
歯間の汚れを取ることで、虫歯や歯周病の原因となる菌を発生させないためです。フロスを使用すると歯茎のマッサージにもなるそうです。
フロスでスッキリしたあとは、デンタルリンスですすぎます。
歯のすき間まで殺菌できるそうで、菌の発生を防ぐようなので使用しています。

普段の歯磨きでの歯周病対策は以上です。日常生活で心がけていることは、まず、規則正しい生活を送ることです。
とても当たり前で、他の病気の予防と同じですが、歯周病対策にもても大切なことだと思っています。
歯周病も病気です。
睡眠不足であったり、ストレスを溜め込んだりしては、どんなに歯磨きの時に気を付けていても、歯周病になってしまうのだと思います。

栄養バランスも大切なことだと思っています。
身体が不調になれば、口内も健康ではなくなってしまうと思います。
ですから、これからも歯磨きと共に規則正しい生活を心がけて、歯周病予防をしていきたいと思っています。

母親が30代から歯槽膿漏で苦しんでいるのを見ていたので、特に気をつけています。

普段から食事の後は丁寧にブラッシングをして、その後歯間ブラシ、糸ようじなども時々使って歯の隙間の掃除をこまめにしています。
歯間ブラシは歯に隙間の広さによって太さを使い分けています。
就寝前は特に念入りに行います。
もちろん歯磨き粉は歯周病予防の物を使っています。

この様に気をつけていても、2回程歯茎が腫れて何度か歯医者に駆け込んだ事もあります。
歯茎に膿がたまると我慢できないくらいの激痛になります。
もうあんな痛い思いはしたくないと思います。歯は体調と直結しているそうで、先生に「疲れていると歯に影響しますよ」と言われ、 丁度色々忙しい時期で疲れていたからだと納得しました。
それからはあまり無理をしないとか、寝不足にならない様にとか、体調管理にも気を付ける様になりました。

後は定期的に歯医者に通って歯石を取ってもらったり、少しでも気になる所が出て来たら直ぐに診てもらっています。
お蔭様で50になりますが歯槽膿漏にもならずに済んでいます。