長年ブラッシングをしてきてますが、合格点のブラッシングができている人は少ないのではないでしょうか?

基本の磨き方

歯周病予防の基本となるのが、ブラッシングです。
意外と正しいブラッシングができている人は少ないのではないでしょうか。

まずブラッシングは毎食後行うことが理想で、一回5分以上かけじっくりと磨きましょう。

歯ブラシは鉛筆を持つように軽く握ります。

ブラッシングの方法は、歯ブラシの毛先を歯に垂直に当て、軽く動かします。

次に歯の表面を縦方向に磨きます。
前歯の裏側は、歯ブラシの柄に近い部分を使って磨きます。
奥歯の側面は、歯ブラシの先端を直角に当てて磨きます。
前歯の側面は歯ブラシのわきを使って縦方向に磨きます。

そして、最後に歯間ブラシやデンタルフロスを使って仕上げていきましょう。



歯間ブラシとデンタルフロス


歯と歯の間や歯ブラシの届きにくい部分は、歯周病菌がたまりやすい部分でもあります。

ここをしっかりとケアするためにも歯間ブラシデンタルフロスは必須アイテムです。

どちらもゆっくりと歯と歯の間に挿入し、歯肉を傷つけないよう、やさしく動かすようにしてください。

歯磨き後に歯間ブラシを行い、最後に液体歯磨きで歯と歯の間に液体が流れ込むように液体歯磨きで口をゆすぐと、薬剤の効果が歯と歯に入り込みやすくなりより効果が上がるでしょう。

昔は辛すぎで液体歯磨きが苦手だった人も多かったと思いますが、最近は子供でも使えるくらい刺激が少ない液体歯磨きが増えたのでおすすめです。