口の中には約700種類ほどの細菌が存在しますが、その全てが悪いというわけではありません。
しかし悪玉菌が好む環境になれば、その数はあっという間に増え、虫歯や歯周病を引き起こすリスクが高くなるというわけです。

悪玉菌と虫歯・歯周病の関係

最も多い歯のトラブルといえば、虫歯と歯周病です。
このどちらも口内に沢山存在する細菌のうち、悪玉菌に侵されることで発生します。
虫歯を引き起こす悪玉菌の代表は、ミュータンス菌です。

ミュータンス菌は玉状の細菌が連なり、鎖のような形をしています。
プラークに吸着し、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし、虫歯と発展していくのです。
歯周病を引き起こす悪玉菌にはさまざまな種類があります。

その中には危険度の低いものから高いものまであり、いくつかのグループに分けられています。
とくに危険度の高いものレッドコンプレックスと呼ばれていますが、これに侵されると歯周病の進行も早く、治療も困難になってきます。
危険性の低い歯周病菌は、進行は遅いですが、確実に歯や歯茎を蝕んでいくのです。

虫歯の原因ミュータンス菌

口の中には10種類以上の虫歯菌が存在します。

その中でも虫歯をつくる最強の菌がミュータンス菌です。
そして、このミュータンス菌が多ければ多いほど虫歯になる確率が高くなります。
生まれたての赤ちゃんには、ミュータンス菌は存在しませんが、ミュータンス菌を持っている大人が赤ちゃんの食べ物を口移しされるなどした時に、唾液を介して入ってきます。

ミュータンス菌をはじめとする虫歯菌は糖を取り込み、グルカンと呼ばれる粘り気のある物質を作り、歯の表面に張りつきます。
この中で菌の増殖を繰り返し、プラークへと成長させるのです。

さらにプラークに糖が付着すると、プラーク中の虫歯菌はそれを栄養分として酸を作り出します。
この酸こそが、歯のエナメル質を溶かす原因となる虫歯なのです。

ニュータンス菌が作るグルカンは水に溶けない不溶性ですので、歯磨きをしても取り除くことはできません。
またミュータンス菌から発生される酸は歯のミネラル分を溶かす力が強く、長い時間作用するため、最強の虫歯菌と言われる所以なのかもしれません。

口内フローラを整えて虫歯予防

口の中は多くの細菌が棲みついており、それがお花畑のように見えることから、口内フローラと呼ばれています。
細菌の集合体でもある口内フローラは全てが悪者というわけではありません。

善玉菌もいれば、悪玉菌もいますし、普段は悪さはしないものの、悪玉菌が活発になる時だけ、それに加勢する日和見菌もいます。
そしてこのバランスは人それぞれで、年齢によっても違いますし、口内のケア状態によっても変化します。

口内フローラの理想的な状態は、善玉菌だけが存在することですが、現実はそううまくはいきません。
一般的には7割以上が善玉菌と日和見菌で、残りの3割が悪玉菌というバランスであれば校内は健康的な状態だと言われています。
ですから、悪玉菌でも3割を超えなければ、そう悪さをするものではないのです。

とはいっても、悪玉菌が勢いをつけると、あっという間に増殖しますので、油断はできません。
そしてこの悪玉菌こそが、虫歯や歯周病菌を引き起こす元となるのです。
ですから、口内フローラは適正なバランスを保つことが重要だといえます。

大人の虫歯と子供の虫歯の違い

老若男女問わず、発症する可能性のある虫歯。
同じ虫歯でも大人と子供には違いがあるのです。
子供の虫歯の場合、健康的な歯が虫歯菌に冒され、歯が黒くなってきたり穴が開いたりしてきます。

そのため、早期発見しやすいという特徴があります。
しかし大人の虫歯の場合は、以前虫歯治療して詰め物や被せ物をした歯が、また虫歯菌に冒さるというケースが多いため、なかなか発見しづらいという特徴があります。

その歯の神経を抜いている場合であれば、痛みすら感じません。
気づいた時にはかなり深い部分まで進行していることが多く見られます。
詰め物や被せ物は天然の歯に比べると、汚れがつきやすく、雑菌が繁殖しやすいという欠点があります。

また、保険適用内の詰め物や被せ物は一生ものではありませんので、傷つくこともありますし、すり減ってくることもあります。
当然、歯との間に隙間が出来てしまい、虫歯菌が入り込み虫歯になる可能性もあるのです。
治療が済んだからといって、決して安心はできないということです。

キシリトールの虫歯予防効果

虫歯菌は糖を栄養分にして増殖していきますので、甘いものは大好き。
それなのに、砂糖と同じくらい甘いキシリトールが虫歯予防に効果があるということはどういうことなのでしょうか。

そもそもキシリトールとは、白樺や樫などから摂取した天然の甘味成分に水素を加えて化学反応を起こしたものです。
通常虫歯菌は、糖を分解して酸を発生させることで虫歯を作り出すのですが、キシリトールは虫歯菌が分解できない独特の構造をしているので、酸を発生させることができません。

虫歯を作ることができない虫歯菌は次第に数が減っていくのです。
またキシリトールには爽快感があり、唾液の分泌を促す作用もあります。
唾液は殺菌作用がありますので、虫歯の原因となる細菌の数を減らす効果も期待できます。

このようなことから、キシリトールは虫歯予防に効果があると言われるのです。
キシリトールのガムを噛めば、長時間キシリトールの効果を口の中に留めておくことができるので、予防効果はさらにアップします。
口中にキシリトールを行き渡らせるためにも、2分以上は噛むようにしましょう。

フッ素の虫歯予防効果

虫歯予防として有名なフッ素。
子どもの頃、歯医者さんでフッ素を歯に塗ったり、フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをすると虫歯になりにくいということで使っていた人も多かったはず。

フッ素が虫歯予防に良いと言われる点は、歯の表面のエナメル質を強くさせる力があるためです。
エナメル質は酸に弱いという性質があるため、虫歯菌が発生させた酸によって溶けて出してしまいます。

しかし、フッ素をエナメル質に作用させると、酸に影響を受けない歯質になるため、歯が溶けることがなくなるのです。
また、酸によって歯から溶け出した成分を元の状態に戻す再石灰化を促進させる作用もありますので、初期の虫歯であれば改善効果が期待できます。

このような効果は子供だけではなく、大人にも現れます。
フッ素は子供の虫歯予防アイテムだと思われがちですが、決してそのようなことはありません。
大人に多い冷たいものが歯にしみる知覚過敏にも効果がありますので、毎日のケアアイテムの一つに加えてもらいたいものです。

虫歯の詰め物で保険が効く範囲は?

虫歯の治療の際に使われる詰め物や被せ物には沢山の種類が存在します。
しかし全てが健康保険適用内というわけではありません。
虫歯の進行具合はC0~C4の5段階で分けられます。
C0は、まだ穴が開いていませんので、詰め物は必要ありません。
詰め物が必要になるのはC1からです。

C1は軽度ですので、前歯、奥歯とも白いプラスチックの詰め物を保険で使用することができます。
問題はC2以上です。
C2以上になると、詰め物では対応できなくなるため、被せ物が必要になってきます。
目立たない被せ物である金属の土台に白いプラスチックを焼きつけたものは、前歯だけが保険が適用されます。

奥歯になると保険が適用されません。
奥歯も保険適用内で治療したい場合は、金銀パラジウムの被せ物を入れるしかありません。
もっと見た目の違和感をなくしたい人は、歯の色と同じ白さに調整できるポーセレンやハイブリットセラミックなどもおすすめですが、これは前歯奥歯に限らず全て保険適用外になります。
見た目を重視すればするほど、経済的負担も大きくなると言う事です。