歯周病と糖尿病、全く別の病気ですがこの2つには深い関係があります。

血糖値が高い方、境界型糖尿病の方は、血糖値コントロールだけではなく、口腔ケアを行うことで糖尿病になることを2重に予防しましょう。


糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが悪くなり、血糖値が異常に高くなる病気です。
血糖値が高い状態が長く続くと、全身のあちこちに巡っている血管に負担がかかり障害が起きてしまい、さまざまな合併症の引き金になります。

この血管障害は、歯肉にも起こります。
歯肉の血管が障害を起こし、血流が滞り、刺繍組織は酸素や栄養不足に陥ってしまいます。
この状態はまさに歯周病菌が繁殖しやすい環境といえます。

さらに、糖尿病になると唾液の分泌が低下し、口が渇きやすくなります。
細菌の繁殖を抑える作用のある唾液の分泌が低下すると、歯周病菌はますます活発になってしまいます。
このようなことから、糖尿病は歯周病を悪化させる危険因子だと言われているのです。

一方、歯周病になったことで糖尿病が悪化する逆の作用があることも分かってきました。
歯周病による炎症が続くと、炎症の過程で作られるサイトカインという物質が増えますが、これには血糖値をコントロールするインスリンの作用を阻害する作用もあります。

このため、糖尿病に歯周病を併発していると、血糖値のコントロールができなくなり、糖尿病を悪化させる原因となってしまうのです。

脳梗塞や心筋梗塞の発症率が上がる?


歯周病の人が糖尿病になると、血糖のコントロールをしにくくするため血糖値が下がりにくくなるうえに、糖尿病そのものが血管が劣化させる病気のため動脈硬化や血栓の影響で脳梗塞・心筋梗塞のリスクがますます高まります。

そのうえ、歯周病菌は歯だけではなく腫れた歯肉から血管内に入っていきその毒素で体全体に影響を及ぼしていきます

身体全体に感染してしまうと、肺は肺炎になってしまったり、炎症から血栓ができやすくなってしまい重症になると動脈硬化や心筋梗塞、狭心症などの心臓疾患のリスクも高まります。

となると、ますます、重篤な病気にかかりやすくなってしまいます。

また、糖尿病の女性が妊娠した場合は胎児に影響してしまい、早産や未熟児を出産することになるなどの影響が出てしまうので出産を希望する女性は様々な意味で歯周病対策が必要です。

このようにならないためには日頃からのケアが重要となります。
毎日歯磨きをして口の中の清潔を保つ、歯磨きをした後には飲食を控えて歯垢を発生させない、歯科への定期的な検診とクリーニングを行なうなどが予防に繋がります。