糖尿病と歯周病は 全く別の病気ですが、両者はお互いに悪い影響を与え合う関係です。

血糖値が高い方、境界型糖尿病の方は、食事や運動での血糖値コントロールだけではなく、口腔ケアを行うことで糖尿病発症・糖尿病悪化を2重に予防しましょう。

歯周病をもたらす糖尿病


糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが悪くなり、血糖値が異常に高くなる病気です。

血糖値が高い状態が長く続くと、全身のあちこちに巡っている血管に負担がかかり障害が起きてしまい、さまざまな合併症の引き金になります。
この血管障害は、歯肉にも起こります。
歯肉の血管が障害を起こし、血流が滞り、刺繍組織は酸素や栄養不足に陥ってしまいます。
よって糖尿病や境界型糖尿病の方は歯周病菌が繁殖しやすい口内環境といえます。

しかも、血糖値の高い状態が続くと免疫力が低下するので体は細菌に冒されやすくなります。

そもそも歯周病は、歯に歯垢が溜まり歯茎に繁殖した歯周病菌により、歯肉が炎症を起こし進行することで歯を支える歯槽骨が溶け出す病気です。

免疫が落ちている糖尿病や境界型糖尿病の方は歯周病菌の繁殖は拡大しやすくなるので、歯周病にかかるリスクが高くなります。

糖尿病が歯周病を悪化させるもう一つの要因

糖尿病になると唾液の分泌が低下し、口が渇きやすくなります。
細菌の繁殖を抑える作用のある唾液の分泌が低下すると、歯周病菌はますます活発になってしまいます。
このようなことから、糖尿病は歯周病を悪化させる危険因子だと言われているのです。

糖尿病を悪化させる歯周病

歯周病により歯茎に炎症が起きると、炎症の過程で作られるサイトカインという物質が増えますが、これには血糖値をコントロールするインスリンの作用を阻害する作用があります。

インスリンとは血糖を正常に保つ重要な働きをするホルモンですが、この働きが低下することで血糖値の上昇を招いてしまうのです。

糖尿病を悪化させないためには血糖コントロールを上手に行う必要があり、食べ物や運動なで生活習慣が厳しく制限するのも治療の一環です。

そんな中、歯周病というだけで血糖値があがりやすい体になるので糖尿病の方は特に口内環境に気を遣う必要があります。
しかも、 歯周病の怖さは、なかなか症状が現れないまま進行するという点です。

初期症状が乏しく、進行すると口臭が発生したり、口の中が粘ついたり、歯肉が下がってきますが、歯周病とは結びつきにくいせいか、歯がぐらつくまで進行して始めて気づくというケースが多いようです。
とはいえ、糖尿病のリスクを軽減させるためにも早期発見早期治療が何より重要です。
そのために定期的な歯科検診を受けましょう。

歯周病で脳梗塞や心筋梗塞の発症率が上がる?


歯周病の人が糖尿病になると、血糖のコントロールをしにくくするため血糖値が下がりにくくなるうえに、糖尿病そのものが血管が劣化させる病気のため動脈硬化や血栓の影響で脳梗塞・心筋梗塞のリスクがますます高まります。

そのうえ、歯周病菌は歯だけではなく腫れた歯肉から血管内に入っていきその毒素で体全体に影響を及ぼしていきます

身体全体に感染してしまうと、肺は肺炎になってしまったり、炎症から血栓ができやすくなってしまい重症になると動脈硬化や心筋梗塞、狭心症などの心臓疾患のリスクも高まります。

となると、ますます、重篤な病気にかかりやすくなってしまいます。

また、糖尿病の女性が妊娠した場合は胎児に影響してしまい、早産や未熟児を出産することになるなどの影響が出てしまうので出産を希望する女性は様々な意味で歯周病対策が必要です。

このようにならないためには日頃からのケアが重要となります。
毎日歯磨きをして口の中の清潔を保つ、歯磨きをした後には飲食を控えて歯垢を発生させない、歯科への定期的な検診とクリーニングを行なうなどが予防に繋がります。

血糖値が高ければ歯周病検査を受けよう

血糖値が高いことが歯周病菌の繁殖を促すのであれば、血糖値が高い人ほど歯周病検査を病院で受けるのをおすすめします。

診断には歯周ポケットの深さがチェック項目の一つになっています。

歯周ポケットは歯と歯の隙間のことでプラーク(歯垢)は歯磨きできちんと取り除かないと 残ったままのプラークは石灰化して歯石となり歯周ポケットに深く入り込み、歯石に存在する雑菌が歯を支える歯槽骨を蝕んでいきます。

歯槽骨が溶けると歯の安定感がなくなりますので、ぐらついたり、抜け落ちたりします。
これが歯周病です。

そこで、歯周ポケットが深ければその分、歯槽骨がダメージを受けているということになりますから、歯周ポケットの深さが歯周病の判断基準になります。

深さが3㎜超えていたら要注意、4㎜以上であれば歯周病と診断されます。

プラークが歯の表面に付着していたらセルフケアで取り除くことは可能ですが、歯石になるとになるまで放置していると歯磨きでは取り除くことはできません。

またプラークであっても歯周ポケットに入り込むと、自分の力ではどうすることもできません。
プラークが歯周ポケットに入り込む前に取り除く、また石灰化する前に取り除くことが歯周病予防には重要なことなのです。