歯の病気が原因で発症した菌血症を歯原性菌血症といいます。
血液は全身のすみずみまで流れていますので、血管内に入りこんだ細菌は体のあちらこちらに行きつき、さまざまな病気を引き起こしてしまいます。

近年では、この歯原性菌血症が血管の老化に大きな影響を与えていることもわかり、動脈硬化のリスクを高めるとも言われています。

寿命を縮める?歯原性菌血

体の中の細菌が、血液の中に入りこんだ状態を菌血症といいます。
そもそも細菌とは、組織の表面に棲みついているものであり、血液の中に入りこむことは正常なことではないのです。

人体の中で細菌が多く棲みついているところといえば、腸内と口内です。
口内には100億個ほどの細菌が存在します。

そしてこの細菌が血液内に入りこむ異常事態が起こることがあります。
それは虫歯や歯周病などに侵された場合です。

虫歯や歯周病になると、歯茎に炎症が起こってしまい、傷口ができてしまいます。
そこから、虫歯菌や歯周病菌が血液内に侵入し菌血症を引き起こしてしまうのです。

歯原性菌血症とアテローム性動脈硬化

生活習慣病のリスクを高める動脈硬化にはいくつかの種類があります。
日本人に多く見られるのが、血管壁の内側に粥状のプラークが付着するアテローム性動脈硬化です。

アテローム性動脈硬化は、脂質異常症や高血圧、高血糖、喫煙などが主な要因であると言われていましたが、近年の研究でエンドトキシンという細菌が大きく関わっていることが分かりました。

このエンドトキシンは歯周病菌の中にも存在します。
歯茎に炎症が起こって傷口ができ、歯周病菌が血液内に侵入する歯原性菌血症を引き起こしてしまうと、エンドトキシンも血液中内に入りこんでしまうということになります。

エンドトキシンはじわじわと血管を傷めつけ、血管内膜に炎症を起こします。
その修復の材料となるコレステロールを運んでくるのがLDLですが、活性酸素により酸化されてしまいます。

そして酸化され異物となったLDLを食べようと貧食細胞であるマクロファージが集まりだし、アテローム性プラークを作ってしまうのです。
このようなことから、歯原性菌血症はアテローム性動脈硬化を引き起こすリスクが高いと言えるのです。

妊娠中の歯原性菌血症と早産の関係

妊娠中の女性にとって歯原性菌血症は、早産のリスクを高める要因となります。

これはプロスタグランジンという物質によるものです。

妊娠すると体内でプロスタグランジンが増加します。

プロスタグランジンは子宮を収縮させる作用があり、胎児が成長するとともに増え、一定量を超えると陣痛として現れ、出産が始まるのです。

そしてプロスタグランジンは炎症が起きている時も増加します。

そこで心配なのが、歯周病を患っている妊婦さんです。

歯周病による歯原性菌血症を起こしていると、血管内では慢性的な炎症が続きます。

それにより、プロスタグランジンは増えてしまうのです。
妊娠中であるのに加え、歯原性菌血症を起こしていることで、プロスタグランジンは異常に増加することになります。

胎児が十分に育っていないまま陣痛が起こり、早産になるケースもあるのです。
妊娠中は女性ホルモンの分泌が増え、歯周病菌が増殖しやすい時期でもあります。

悪阻中は歯磨きがおろそかになりがちですが、普段以上にセルフケアをしっかり行うことが重要になります。

歯原性菌血症と誤嚥性肺炎

年を重ねるごとに体の免疫力は弱まってきます。
そのため、さまざまな病気を引き起こすリスクが高くなってしまうのです。
口内においても加齢により発症しやすい病気がありそれが 歯周病です。

歯周病になると、歯の健康が侵されるだけではなく、歯原性菌血症という全身に影響を与える病気のリスクも高まるからです。
口の中から血液に入りこんだ細菌が肺に流れ込むと、肺炎を起こすこともあります。

しかし高齢の場合は歯原性菌血症以外にも、口の中の細菌により肺炎を発症することがあります。
それは誤嚥性肺炎です。

食べ物や唾液を飲みこんだ時、食道ではなく気道に入ってしまうことを誤嚥といいますが、この時口の中の細菌まで一緒に気道に入りこみ、肺に流れ込んで起きる肺炎を誤嚥性肺炎といいます。

高齢になると、飲み込む力が弱くなりますので、どうしても誤嚥が起きやすくなりますので、口の中をきちんとケアしてしないと、誤嚥性肺炎は繰り返されてしまいます。

肺炎は日本人の死因第三位でもあり、肺炎が死因となった高齢者の9割以上は誤嚥性肺炎であるほど、命を落とすリスクの高い病気なのです。

3DSとは?

口の中には多くの細菌が棲みついています。
その細菌が増殖することで、お口のトラブルを招きますので、それを回避するためには口内の細菌を全て取り除けばいい、と考えてしまいがちですが、全てが悪い菌というわけではないのです。

口内にとって有用な働きをする善玉菌も存在するのです。
ですから、トラブル回避のためには悪さをする悪玉菌だけを取り除く必要があるのです。

悪玉菌は歯の表面にくっ付くという特徴がありますので、その部分だけを殺菌すれば効率よく悪玉菌を排除することができます。
その仕組みを活かした治療法が3DSです。

3DSとは、一人一人の歯型に合わせて作成したマウスピースのようなトレーの内側に殺菌作用のある薬剤を塗って歯に装着するという治療法です。

これを5分程度、朝晩2回の装着を毎日行うことで、悪玉菌を除去し、口内が健康な環境へと変わっていきます。
虫歯や歯周病予防はもちろんのこと、歯原性菌血症予防効果も期待できます。

画期的な治療法ですが、現段階では保険が適用されませんので、かかる費用は全て自己負担となります。

歯の健康を保つ栄養学(オメガ3で炎症予防)

口の中には多くの細菌が棲みついており、その細菌が増殖し虫歯や歯周病などのお口のトラブルを招きます。
これらのトラブルが進行する過程で歯の炎症が起こります。
よって炎症を抑えることが、進行を食い止めることに繋がるのです。

そのために自分でできることといえば、炎症を抑える作用のあるオメガ3系の脂肪酸を摂取するよう心がけることです。
脂肪酸といえば、肥満や生活習慣病を引き起こす悪者というイメージがありますが、実は脳や血管などをつくる材料となる必要不可欠な栄養素なのです。

なかでもオメガ3脂肪酸は炎症を抑える作用や血管の劣化を防ぐ作用があり、近年注目されている栄養素でもあります。
このオメガ3脂肪酸は体内では作り出すことができませんので、食事から摂取しなければなりません。

アジやサバなどの青魚やシソ油、エゴマ油などに多く含まれていますので意識して摂取するようにしましょう。
しかし熱に弱いという特徴がありますので、効果を最大限に得るためには生の状態で摂取してください。

歯の健康を保つ栄養学(抗酸化物質の有効性)

歯の健康を保つためには、正しい歯周病予防は欠かすことができません。

自分が出来るケアといえば歯磨きが一般的ですが、食べ物によっても予防効果が期待できます。

そもそも歯周病とは、歯周病菌の炎症刺激で生じる活性酸素によって、歯を支える組織を破壊していく病気です。
活性酸素とは体から発生される有害物質です。

そして、これを取り除くことが歯周病予防につながるというわけです。
その為には活性酸素を除去させる働きである抗酸化作用を高めなければなりません。

もともと体には抗酸化作用のある抗酸化酵素を作り出す力がありますが、加齢とともにその力も弱まり、抗酸化酵素も少なくなってきます。

それを補うために、抗酸化作用のある栄養を摂ることが必要なのです。
ビタミンやミネラル、ポリフェノールは抗酸化作用のある栄養素ですので、意識して摂取するようにしましょう。

ビタミンの中でも特にビタミンB2やビタミンC、葉酸、コエンザイムQ10は活性酸素の除去に影響を与える成分ですので、多く摂取すると歯周病予防には効果的です。

歯の健康を保つためにストレス軽減を

身体が健康であるためには、心も健康でなければいけません。
ストレスを抱えた精神状態では、身体にもさまざまな悪影響を与えてしまうのです。
お口の健康にとっても同じこと。

ストレスを抱えていると、歯の状態も悪化させてしまいます。
強いストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
この自律神経は唾液の分泌もコントロールしているため、バランスが崩れることで唾液の分泌量が低下してしまいます。
殺菌作用のある唾液が少ないと、口の中の細菌が繁殖し、トラブルの原因となってしまうのです。
自律神経の乱れは抵抗力の低下にも繋がります。

そのため、お口の中の悪玉菌への抵抗力が弱まり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
また、歯の食いしばりや就寝中の歯ぎしりはすトレスが原因だと言われています。

これらの行為は歯槽骨を圧迫させることになりますので、歯を支える組織の破壊を招く恐れがあります。
ストレス社会と言われる現代、ストレスと無関係の生活を送ることは難しいことです。
ですから、自分にあったストレス解消法を見つけ、ストレスと上手に付き合っていきましょう。

歯の健康を保つ栄養学(たんぱく質不足の危険性)

体の健康は、毎日の食事から摂った栄養によって保たれています。
歯も例外ではありません。

いろんな栄養素をバランスよく摂ることが一番ですが、特に必要な栄養素がたんぱく質です。
たんぱく質は免疫細胞の主成分であり、たんぱく質をしっかり摂ることで、免疫力アップにつながります。

細菌から体を守ってくれる免疫力は、健康を維持する上ではかかすことのできない力です。
逆にいえば、たんぱく質が不足すると免疫力が低下しますので、細菌に侵されやすい体になってしまうのです。

歯周病菌にも侵されやすくなりますし、歯原性菌血症を引き起こすリスクも高くなります。
ですから、歯の健康を守るためには、たんぱく質を意識して摂取することが大切なのです。

しかし、脂質や炭水化物が不足すると体はエネルギー不足として空腹だというサインを出しますが、たんぱく質が不足していても、その他の栄養素で十分なエネルギーが得られていれば、サインが現れません。

毎日の食事でたんぱく質が不足していないか意識することが大事ですし、血液中に含まれるアルブミンの量でも判断することができますので、定期的な血液検査をすることも一つの方法です。