笑顔からこぼれる白い歯って素敵ですよね。
でも、鏡を見た時自分の歯の黄ばみが気になってしまうという方も多いのではないでしょうか?

できれば真っ白な歯で誰の目も気にすることなく笑いたいものですよね。
そこで、まずは歯の黄ばみの原因を知るところからはじめましょう。

食べる度、飲む度汚れる歯の宿命


食べ物を消化しやすいように歯で細かくするのが歯の働きである以上、私たちの歯は毎日の食事によって汚されているのは歯の宿命です。

特にステインと呼ばれる色素沈着は歯に付着して残りやすい汚れの一つです。

これが日々蓄積されると歯の黄ばみの原因となります。
歯が黄ばみやすいものには、コーヒー、チョコレート、紅茶、赤ワイン、カレー、などがあります。

これらを好んで摂る人は歯が黄ばみやすいくなる傾向になるのです。

飲み物がもたらす黄ばみ


歯の黄ばみになる飲み物と言えば、ポリフェノールたっぷりの赤ワインコーヒー紅茶などでしょうが、実はまだまだたくさんの飲み物があなたの歯に黄ばみをもたらします。
日本茶もウーロン茶もタンニンが入っているので黄ばみの原因になります。

コーヒー紅茶お茶を飲みながら仕事をする方、歯の黄ばみ予防を考えるならミネラルウォーターの方が良いかもしれません。
某アイドルがPM7時以降はミネラルウォーターしか飲まないようにしているのも黄ばみ予防のためかもしれませんね。

うちの子も、歯を磨いた後の飲み物はミネラルウォータにしています。
冷えたお茶を欲しがっても歯の黄ばみ予防のために飲ませません。

赤ワインのポリフェノールが黄ばみの原因になるなら当然、ぶどうジュースも黄ばみの原因になります。
つまり、ポリフェノールを多く含む果物は歯の黄ばみに原因になるという訳です。

ジュースには人工着色料が含まれるものが多く、歯に色素がつくのをイメージできる人も多いと思いますが、ナチュラルな野菜ジュースも、果物ジュースも色素はつきやすい飲み物です。

また、スポーツドリンクは色が乳白色なので歯に色素沈着をおこしにくイメージがあるかもしれませんが、酸性の強い飲み物なので歯の表面のエナメル質を溶かしやすく、スポーツドリンクそのもので色が着くというよりかは、他の食べ物を食べた時に色素をつきやすくするの飲み物と言えます。

食べ物がもたらす黄ばみ


色の強い食べ物と言えば、カレーです。

カレーのルーには天然の色素ウコンやターメリックが入っていますから、歯の黄ばみをもたらします。

あとはチョコレート
これは、ワイン同様にポリフェノールが強いので、その色素により黄ばみが発生します。

最近の健康志向から、ポリフェノールを積極的にとるために、ワインやチョコレートを積極的に食べていた方いませんか?

乳酸菌配合のチョコとかポリフェノールもとれるからと、小腹が空いた時にちょこっと食いしている人も多いのでは?

このように、良かれと思って積極的に食べていたのが、口元を汚く見せる老けて見せる原因になっていたとはショックですね。

え?と驚くかもしれませんが、そばもポリフェノールが多く含まれているので歯にステインがつきやすいです。

何故そんなにポリフェノールを多く含む食品が黄ばみやすいかというと、ポリフェノールは歯の表面のたんぱく質と結合すると、黄ばみの原因となってしまうためです。

意外なことに果物も色素沈着を招く食べ物です。

特にベリー系の果物にはー系の果物に含まれているタンニンも色素沈着を起こしやすいので、黄ばみの原因となります。

若返り食品とおやつの代わりに食べるセレブも増えているナッツ類も昔はインクの材料として使われていたほど、色素の強い食品です。

このような、黄ばみの原因になりやすい食品を口にした後は、歯磨きを行いましょう。
水で口をゆすぐだけでも色素沈着は予防できます。

このように口の中を清潔に保つことは、黄ばみを抑えることにもなります。

もっとしっかりホワイトニングをしたい方はこちらがおすすめ↓↓↓

【パールホワイトEX】

●製薬会社が開発した歯のホワイトニング
●トリプルホワイトニング製法で自宅で簡単!白い歯に!!

初回割引61%OFF ¥3,240





【ビースマイル】

●モンドセレクション2017 W受賞
●歯のステインや黄ばみをしっかり除去

初回半額 ¥2,400





【プレミアムブラントゥース】

●ボタニカルホワイトニングで白い歯に!
●世界五か国で売り上げ1位!/strong>
初回限定6,000円OFF ¥3,980