日本でも口元美人ということばがあるように、歯並びは人の印象を大きく変えてしまうという考えは古くから根付いています。

きれいな歯は美人の第一条件


日本では八重歯がかわいいといわれることもありますが、世界に目を向けると八重歯は醜く矯正が必要と判断されるます。

世界共通でしょうが、きれいな歯並びは美人の第一条件だといっても過言ではありません。
欧米では所得が高い人ほど教養の良さと同等にみだしなみの一つとして歯科矯正が行われるのは当然のことです。

例えば、笑ったときに見える前歯から犬歯までの曲線「スマイルライン」は左右対称であればあるほど好印象の笑顔をつくることができるといわれています。

また、歯の噛み合わせにおいて、上の前歯が下の前歯よりも約2ミリ前に出ることで出っ歯や受け口を防ぐとされています。

さらには歯並びは顔の骨格をつくる重要なパーツだといわれていて、歯科矯正を行ったことで小顔効果を得ることができたり、顔の歪みがなくなったという人も少なくありません。

つまり、美しい歯並びは、整った美しさを手に入れるためには必須条件であるといえるのです。

かみ合わせ・歯並び


しっかりと正しいブラッシングをすれば歯周病対策につながりますが、かみ合わせの異常や歯並びの悪さが歯周病を引き起こすこともあります。

かみ合わせの異常は、なかなか自分では気づきにくいものです。
良いかみ合わせの条件として、上下の歯が同時に触れ合い、かみ合う位置が安定していることですが、完璧なかみ合わせの持ち主はほとんどいないと言われています。
つまり、誰もがかみ合わせを不具合抱えているということです。

この状態を放置していると、無理な力が歯をかかり、筋肉の使い方がアンバランスになります。
あごの筋肉だけでなく、首や肩の筋肉にも緊張が強いられ、頭痛や肩こりを引き起こす原因となるのです。
また、負担がかかりすぎた特定の歯の歯周組織がどんどん破壊され、歯周病のリスクを高めてしまいます。
そして歯並びが悪いと、当然かみ合わせにも問題が生じてしまいます。

見た目だけの問題ではないのです。
改善法として、一般的なのが歯列矯正です。
歯列矯正は子供が受けるもの、あるいは審美性を求める人が受けるものというイメージが強いですが、実は歯周病予防にもなるのです。

美人と歯茎の関係


口元の悩みやトラブルを抱えている人は意外と多いようです。
それに伴い、近年では歯の色はホワイトニング、歯並びは歯科矯正といった治療が一般化しつつあります。
これらの美しい歯を作るために不可欠なのは、土台となっている歯茎の健康管理です。

でも、歯茎に対して気をつけている人はどれくらいいるのでしょうか?

健康な歯茎は淡いピンク色で弾力をもっていて、歯と歯の間が三角形を作っています。
歯茎の血行が悪いと、紫色や黒ずんで見えたり、疲労や疲れなどからブヨブヨと軟らかい状態になってしまいます。
歯茎の色は笑顔のマイナス要因として指摘されたり、実年齢より老けて見られることは少なくありません。

また、歯肉炎や歯周病などを発症し、歯茎の健康を保つことができなければ歯が抜け落ちたり、ぐらつく原因となってしまいます。
歯が欠損すると歯並びが悪くなり、顔の骨格が歪んでしまうことがあります。

このように美人の美しさを保つ秘訣として歯茎のケアは重要なポイントとなるのです。