インプラントは歯の治療をイメージしている方が多いでしょうが、治療というより外科的手術です。
簡単に言ってしまえば、抜けてしまった歯の代わりにアゴの骨にネジ(ボルト)を埋め込み、そのボトルに人口的な歯を取りつけます。
痛そうなイメージしかできませんが、最近は痛くないインプラント治療があたりまえになりつつあります。

普及してきた無痛治療

インプラント治療に伴う痛みに恐怖を感じる患者さんが多くインプラント治療に踏み出せないという方に人気の治療が【インプラントの無痛治療】です

無痛治療は、薬や器具を使うことで、患者さんに術中の痛みを感じさせない状態を作ることができるので患者さんの負担が軽くなる治療方法です。

病院によっては無痛状態にするために必要な麻酔注射を打つ際のチクリとした痛みさえ感じないないように、注射を打つ部分には表皮麻酔を塗布したり、極細の針を使用したり電動式の注射器を導入しています。
電動式の注射器は少しずつ麻酔薬を注入していくため痛みを抑えることができる器具だからです。

さらに薬の種類にこだわったり、麻酔薬を温めることで痛みを軽減させるなど患者さんが最初から最後まで痛みを感じず治療を終えるように配慮している病院もあります。

さらに、麻酔の部分は麻酔を熟知した麻酔科医と連携して行う無痛治療を行う歯医者もあるので、麻酔に対する恐怖を感じている方も安心です。

顎の骨を削らないタイプのインプラントも登場

術中の痛みだけでなく、術後の痛みを軽減する顎の骨を削らない高度なインプラント技術を持っている病院もあります。
この方法は、術後の痛みを最小限で済むため人気の治療法です。

さらに、顎の骨を削らないため、最小の出血に抑えることができ、治療後、短期間で通常の状態に戻れるのもメリットの一つです。

術後の痛みと腫れを抑えるインプラント治療

インプラント治療は、歯茎にボルトで穴を開ける治療が主流なので、歯茎の切開が必要になってきます。

しかし、術後の腫れの一番の原因になる歯茎の切開なので、歯茎の切開を行わないので術後の痛みや腫れがほとんどなく、通院期間も他院より少なくてすむ治療法ができています。

もちろん、麻酔による無痛治療も可能なので、術中の痛みも感じません。

眠ったままできるインプラントも登場

腕に注射をつ静脈注射が行われたと思ったら、インプラント手術が終わっていたという、歯の治療そのものが怖いという方に特でもリラックスした状態で治療ができる最適な方法もできました。

もちろん、麻酔医師管理の元で行われるため安全性は高い治療になります。

インプラント治療のオールオンフォー

通常のインプラント治療は、1本のボルトに対して1本の義歯を入れていたのに対し、オールオンフォーの治療は、下4本のボルト、上4本のボルトのみで、歯全体を入れ込む、特に総入れ歯やほとんどの歯を失いかけている方にとって負担が減るインプラント治療です。

費用は通常のインプラントより低価格になり、歯茎の切開やボルトの挿入を最小限に抑えるため腫れが少なく、手術時間を縮めることができる治療です。

すべての歯をわずか4本のボルトで支えることに不安を感じる方もいるでしょうが、日常生活に必要な人工の歯を支えるために必要なインプラントは、4から6本という研究結果からもたらされた方法なのでご安心ください。

特にオールオンフォーは顎の骨が薄く、インプラントを多数埋入が困難と言われた方でもボルト4本ですべてをカバーできるため、インプラントをあきらめていた方でも治療ができると評判の方法です。

技術力が高い医師を選ぶ

例えば、ひざの関節が壊れてしまった方が人工の関節を膝に埋め込みますよね、あれも手術です。
複雑骨折をした人がボルトで骨と骨をつなぎ合わせることで骨としての機能を回復させる、これも手術です

つまり外科医師のテリトリーで内科医師がこれらの治療をするなんてありえません。

同じように、インプラント治療も歯茎を切開、ボルトの埋め込むための穴を顎の骨に穴をあける、ボルトの埋め込み、インプラントの装着を行います。

この治療は、歯科というよりは口腔がんなどの治療を行う口腔外科のテリトリーに近いものがあります。

つまり、インプラント治療の技術力を医師は求められることになります。

よって、インプラント治療の経験本数だけでなくインプラント治療を選ぶ際、口腔外科の経験がある医師だとより安心できます。

特に、顎の状態や歯茎の状態では、本来インプラントが不適合の患者さんもいます。
経験が未熟な医師は、その判断ができずインプラント治療を行ってしまう可能性もあるのです。