軽度の治療なら歯周ポケットの浅い部分の歯垢や歯石を除去するスケーリングやルートプレーニングという治療法で治療することができますが、重度になると時間もお金もかかる大がかりな治療になってきます。

重度の歯周病


虫歯と並ぶ口腔内の病気でポピュラーなものに歯周病があります。

日本の成人の80%が歯周病にかかっているというデータもあるほど罹患率が高いにも関わらず、自分が歯周病であることを認識していない人も多くいます。

歯周病は歯の周りの骨が溶け、歯がぐらついたり、歯茎が腫れたりして、歯を失ってしまうことがある病気です。

また、進行すると全身に影響が起こることもあります。かつては歯槽膿漏と呼ばれていた歯周病の原因は、細菌によるものです。

私たちの口の中には300~500種類の細菌が存在しています。この細菌がネバネバした物質を作りだして歯の表面にくっつくプラークを作りだします。

このプラークには数億もの細菌が棲みつき、歯肉の炎症や歯を支えている骨を溶かしていくのです。プラークは日頃の歯磨きである程度は除去することができますが、歯と歯の間や歯と歯肉の間はセルフケアで除去することが難しいので、定期的な歯科受診でケアすることが必要となります。

歯周病が悪化すると、歯周組織そのものが犯されている状態になっています。
こうなると歯周病により歯を支える歯槽骨まで破壊されて歯がグラつく状態になっており重度だといえます。

そのまま放置していると、歯が抜ける可能性が高くなりますので、破壊された歯槽骨を再生させる外科手術で治療を行っていきます。

歯周病で歯が抜けた歯の根元再生治療

歯周病が進行して重症化すると、歯を支える歯槽骨が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
ここまで進行するとどうしようもないと諦めそうになるところですが、実は歯の根元を再生する治療法があるのです。

これは歯槽骨が失われた部分に幹細胞と血小板、リン酸カルシウムを混ぜたゲル状の液体を注入することで、歯の周囲の組織を再生する治療法です。

患者本人の骨髄から取り出した幹細胞には、再生能力が高く、どんな細胞にも変化するという性質があります。
皮膚に注入すれば皮膚を再生し、骨に注入すれば骨へと成長してくれます。
その性質を利用して、歯槽骨を再生させるという方法です。

まずは局部麻酔をして、骨髄液を採取します。
採取した骨髄液から幹細胞を取り出し、約10万倍まで培養します。
培養にかかる期間は約1ヶ月ほどです。
その後、患者本人の血液を採取し、血小板を取り出し、培養した幹細胞とリン酸カルシウムを混ぜていきます。
これを再生させたい部分に注入していきます。
数ヶ月後には、歯槽骨が再生されるというわけです。

重度に効果的な歯周病治療


歯周病菌により失った歯槽骨を再生する治療にGTR治療法とエムドゲイン法があります。

GTR治療法も エムドゲイン法歯肉を剥離して歯根面に付着した歯石を除去して骨を再生させる目的は同じですが、使う薬剤が異なります

GTR治療が、歯と歯肉の間に人工膜を挿入し、隙間を作り、そこに歯周組織を再生させていくのに対し、エムドゲイン法は成長因子のエムドゲインゲルを塗布していきます。

エムドゲインゲルは子供のころ、歯が生えてくるときに重要な働きをするたんぱく質の一種からできており、これを露出した歯根面に塗布することで、歯周病組織の再生を促してくれます。

この治療後は 歯周組織を再生するのを待つことになりますので、治療には時間を要します。

個人差がありますが、通常半年から1年程度です。

また、人工膜に細菌が付着すると新たな組織が再生されないため、これまで以上に口腔ケアが重要になっています。

GTR治療法・エムドゲイン法の落とし穴

重度の歯周病に悩む方がすがる思いでGTR治療法やエムドゲイン法を望むケースが多いのですが、GTR治療法や エムドゲイン法が必ず効果がでる治療ではありません。
むしろ、効果がでにくいケースが多いとされています。

これは、骨再生には再生部分が十分に血液で満たされていることが必要です。

骨再生に必要な穴が歯根の先端近くまであれば血液に満たされているので骨が再生して成功しやすいのですが、浅い穴だと血液にみたされずらいので十分な骨再生ができないことになります。

よって、GTR治療法・エムドゲイン法適しているのは垂直性骨欠損になります。

また、保険適応外の治療となり、1本5万円ほどします、非常に高くつく治療になりますので、日ごろから口腔ケアをしっかり行いましょう。