口元が美しいと笑顔にも自信が持てますよね。
近年、歯に対する人々の意識が高まっていることで、歯の審美分野の新しい技術がどんどん開発されています。

その一つに、ベニヤワークというセラミックの歯を本物の歯の上に張り付ける技法があります。
歯の黒ずみが気になる方や欠けた歯の治療などに用いられます。
また軽度の歯並びの改善にもこの治療法が行われることがあります。
被せる歯の表面をごくわずか削るだけ、神経には影響はありません。
治療の際の痛みはほとんどなく、他の健康な歯には影響は与えませんし、セラミックなので体には全く害がありません。
セラミックの厚さもコンタクトレンズほどですので、つけた感じの違和感は全くありません。

歯を白くするホワイトニングよりも、短時間でかなり白く仕上がるため、見た目の美しさはベニヤワークの方が勝りますが、その分費用は高額になります。
以前は10年くらいしか持たないと言われていましたが、接着剤の改良により今では半永久的に持つと言われています。
一度取りつけると取り外すことが出来ない為、治療を行う前に十分検討することが必要です。