ホームホワイトニングとは、その名の通り、自宅でホワイトニングを行うことです。
審美歯科を通してホームホワイトニングするというのは、医師など専門家の指導に従って歯を白くしていくものです。

ホームホワイトニングの場合、マウスピースを使用する必要があるので、審美歯科で自分の歯に合ったマウスピースを作成します。
マウスピースの作成には3~4日または1週間ほど要すため、ホームホワイトニングを実施する前に受け取っておく必要があります。
受け取りの際にはホワイトニング剤も一緒に受け取ることとなります。

ホワイトニングの準備ができたら、装着前に歯磨きをして汚れをしっかり落とします。
その後、マウスピースに薬剤を塗布してマウスピースを上下の歯に装着します。

薬剤には寝ている間にホワイトニングを行うナイトタイプと日中30分から1時間装着するデイタイプがあります。
ホームホワイトニングは毎日行うのがベストなので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

ホームホワイトニングのオパールエッセンスとは?
笑顔と白い歯は相手に爽やかな印象を与えるものであり、コミュニケーションにおいては、大変プラスになるものです。
そんな白い歯を手に入れるために、ホワイトニングを考えている人もいるのではないでしょうか?

医師に処方してもらい自宅で行うことができるホワイトニングのひとつに、オパールエッセンスがあります。
オパールエッセンスは、フッ素と硝酸カリウムの配合で、しみにくいことや、10%、15%、20%、35%と、初心者でも安心して使用できる低刺激のものから、歯科クリニックと使用しているものと同レベルのものまで幅広い薬品濃度のラインナップがあるため、ホワイトニングの普及率が高いアメリカでは最もポピュラーで、安全性が高いと認められているホワイトニングのひとつです。

最近では、日本でも人気が高く、注目されています。
使い方は、シンプルで注射器のようなケースに入ったジェルを専用のマウスピースにつけて装着します。
自分の希望の白さになるまで継続して使うことができます。

審美歯科ホームクリニックのデメリット

ホームホワイトニングは、自宅でホワイトニングする方法ですが、薬剤の処方を病院が行うため、市販されているホワイトニング剤より強い薬剤でホワイトニングできるというメリットがある一方
美歯科のアドバイスを受けることができるものの、自宅で行うわけですから、ホワイトニング工程のすべてを自分で行わなくてはいけないという手間があります

審美歯科で処方してもらう薬剤や自分専用のマウスピースを使用して行いますが、歯科で行うオフィスホワイトニングと比較すると、薬剤の濃度がかなり薄いことから、思い描くような白い歯になるまでに時間を要することがあります

一般的には3~4週間の施行が必要であるとされています。
さらにホワイトニングの時間は2時間ほどであり、マウスピースを取ってから30分から1時間の間はコーヒーなど、歯へ着色の影響を与えるものの飲食や喫煙は禁止なので、制限がかかっている時間や拘束時間を長いと感じることがあるかもしれません。

また、ホワイトニング用の薬剤は刺激が少なく、しみにくいといわれていますが、個人差や装着時間によって知覚過敏が起こることもあるため、注意が必要です。

ホームホワイトニングには保険がききませんので、オフィスホワイトニングより低コストでホワイトニングはできますが、市販品で行うホワイトニングよりも費用は高くなります。

自分専用のマウスピースを作るメリット

マウスピースはホームホワイトニングを行う際に欠かすことができないものです。
それは、ホワイトニング剤をマウスピースに流し込み、自分の歯を覆う必要があるからです。

日本では歯科医院で自分専用のマウスピースを作成してもらい、ホワイトニング剤と一緒に受け取ることが一般的ですが、ホワイトニングの先進国であるアメリカではマウスピース作成キットを使用して自宅で自分専用のマウスピースを作ることも多くあるようです。
私たち人間は一人一人姿かたちが異なりますが、特に歯は大きさや並び方、虫歯の治療跡など、その違いが顕著に現われる部位です。
そのため、自分専用のマウスピースでなければ、薬剤が漏れやすくなったり、ホワイトニングの最中にマウスピースが外れてしまう、十分に歯を覆うことができずホワイトニングの効果を得ることが困難になってしまいます。

これらの理由から自分専用のマウスピースを作ることはホワイトニングに対するメリットだと考えられ、一般的となっているのです。