歯のホワイトニングには、いくつかの方法がありますが、医療機関で行う方法のひとつにラミネートベニアがあります。

これは歯の表面のエナメル質を削り、削るといっても、0.5~0.7㎜とごくわずかですので、ごく薄いジェルを貼り付けることで、歯を白く美しくする方法です。

この治療は変色した歯を白くするだけではなく、形の悪い歯やすきっ歯などの改善にも利用されます。

張り付けるジェルも薄いものですので、強い力が加わると割れる可能性があります。
よって歯ぎしりやかみしめの癖がある人には、不向きな治療法だと言えます。

また、ジェルを貼り付ける際に、医療用の接着剤を使用しますが、虫歯部分にはこの接着剤ではくっつかない場合がありますので、まずは虫歯の治療から始めた方がよいでしょう。

保険適用治療ではありませんので、かかる費用は高額になります。
しかし、治療は2回の通院で終了しますので、短期間で理想の歯を手に入れることができます。

また一度治療すれば、その状態をずっと保つことができます。